無料九星気学で相性診断を行なう【結婚の相性は的中率が高い】

過去と未来の運勢

手相占い

左右で違う意味

手相を占ってもらう際に、どちらの手でもかまわないと思っていないでしょうか。右利きの人は右手、左利きの人は左手で占うと思っている人がいるようです。右手と左手では、意味が違ってきます。左手は先天的なもので、生まれながらの性格や才能、過去などを手相で占うことができます。右手は後天的なものとなり、現在や未来を占うことができると言われます。自分の性格や才能などが気になる人は、手相で占なってもらう際に左手を出して見てもらうと良いでしょう。自分の未来が気になる場合は、右手を見てもらってください。結婚はいつになるのか、気になる場合などは右手で占うことになりそうです。ただし、習慣や環境によってもどんどん変わっていくということです。先天的な運勢だから、一生変わらないというものではなさそうです。未来にしても、その人の心がけしだいで変えていくことができるでしょう。悪い結果が出ても、落胆せずに努力することで、しだいに良い運勢へと変わっていきます。内容が変わりますから、時々見てもらってください。手相で占ってもらう際の注意点ですが、左右の手相が同じ人もいるようです。左右の手相が同じ人に多いのは、真面目で人付き合いが不器用な人が多いということです。手相には、その人の持つ個性が出ます。手相は、左右で違うのが一般的ですから、同じ手相というのはまれでしょう。手相を占ってもらう際には、両方の手を見てもらったほうが良さそうです。