無料九星気学で相性診断を行なう【結婚の相性は的中率が高い】

手のひらには人生が現れる

手相

自分を理解する方法の1つ

昔から当たると言われている手相占い。手のひらにある線で、不思議な程自分のことがわかります。そんな手相占いですが右手と左手のどちらを見れば良いのか、悩んでしまうことがあります。手相占いの流派によって違いはあるようですが、左手は生まれた時から持っている運勢(先天的なもの)、右手は努力をして培ってきた運勢(後天的なもの)が現れます。一般的に手相で左手を見る時はその人の過去や、生まれ持った才能を見る場合です。また、潜在的な意識を知りたい時にも左手を見ると良いようです。左手は感情的な面や精神面、直感力などが現れると言われていますので、左手を見ると、これまで知らなかった自分の一面に気づくかもしれません。反対に、右手は現在のことや未来のことを知りたい場合に見てもらうと良いです。右手は後天的なものが現れますので、これまで培ってきた才能や、こうなりたいといった顕在的な気持ちを知ることができます。なかなか最近上手くいかないという人は、左手の手相を見てもらうことをオススメします。本来持っている力を再確認することで大きく成功することもあるようです。左手と右手で手相が大きく違う人がいますが、そういう人は好奇心旺盛。ただ、少し飽きっぽい一面があるようなので注意が必要です。反対に右手と左手の手相が同じ人は真面目な傾向があるようです。左手と右手をバランスよく見てもらうことで本来の自分や経験を培ってできた自分のことをよく知ることができます。自分を理解するための1つの手段として手相が役に立てばと思います。